HMBとは

HMBとは何か?医学的にわかりやすく!成分、効果から危険性まで全て解説

更新日:

「筋トレはしていてプロテインは飲んでいるけれど、HMBとは何かいまいちよくわからない。」

 

「HMBなんて本当に飲む必要があるのか?」

 

あなたはこういう気持ちではありませんか?

私自身、筋トレ初心者の頃はHMBを飲んでいませんでしたが、今ではHMBなしでは生きていけないほどです。

 

というわけで、HMB初心者向けにHMBのすべてをわかりやすく解説していこうと思います。




HMBとは何か?初心者向けにわかりやすく解説します

結論から言うとHMBは筋トレに必要不可欠で、プロテインのみでの筋肥大に限界を感じている方にはHMB摂取を強くお勧めしたいものです。

HMBとは何の略?

HMBとは「β-Hydroxy β-MethylButyrate」の略で日本語にすると、「β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸」

 

HMBとはたんぱく質から生まれるロイシンの代謝物のことです。

 

この説明は何度も目にしたことがありますが、いまいち意味が分からないですよね。

 

ロイシンとHMBの成分の違いを比較していきましょう。

普通の食事でHMBを摂取するには大量のロイシンが必要になる

例えば、あなたが肉を食べたとします。

 

肉に含まれるロイシンの一部は体内でHMBに変化します。

 

ただし、5%しかHMBに変化してくれません。

HMBは1日3000mg摂取すれば十分な効果を得られます。

 

例えば、普通の食事で3000mg(3g)のHMBを摂取するには60gのロイシンを摂取しなければならないのです。

 

60gのロイシンを摂取するには鶏むね肉を約3000g食べなければならないのです。

 

普通の食事で十分な量のHMBを摂るには超大量の食事をとらなければならないことが分かってもらえたのではないでしょうか。

 

よくHMBのHPにこういった表示がありますよね。

十分な量のHMBを摂取するにはプロテイン20杯、サーロインステーキ2kgが必要になるという意味なのです。

 

だからこそHMBはサプリメントで摂取するのが一番効率がいいのです。

HMBとロイシンの効果の違い

わかりやすく解説すると…

 

HMB…筋肉を作る

ロイシン…筋肉を守る

 

このイメージで理解してもらえればわかりやすいですね。

 

筋肥大や筋肉の分解を防ぎたいならHMB、運動による疲労回復が目的ならロイシンを摂取すべきです。

医学的に証明されているHMBの効果効能

医学的に立証されているHMBの効果効能は2つ。

 

筋肥大効果と筋肉の分解を抑える効果です。

 

1.筋肥大効果

Steven L. Nissen教授による実験によると、HMB摂取量と比例して筋肥大効果が大きくなっていくことが分かっています。

 

こちらのグラフをご覧ください。

(http://www.physiology.org/doi/full/10.1152/jappl.1996.81.5.2095引用)

 

真っ黒に塗られたグラフ…HMBを摂取していないグループ

斜線が入っているグラフ…1日1.5gのHMBを摂取したグループ

真っ白に塗られたグラフ…1日3.0gのHMBを摂取したグループ

 

どの時期でもHMBを摂取していないグループよりも1日3g摂取したグループの方が約2倍筋肉が大きくなっているという結果が出ました。

 

2.筋肉の分解を抑える効果

アイオワ州立大学で行われた実験によるとHMBを摂取した人としていない人とでは筋損傷レベルが明らかに違うことが分かっています。

 

こちらのグラフをご覧ください。

(http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042643.pdf引用)

 

黒丸…偽物のHMB3mgを摂取して20kgを走った13名のグループの筋損傷レベル

緑丸…本物のHMB3mgを摂取して20kgを走った13名のグループの筋損傷レベル

 

HMBを摂取すると筋肉の減少を抑えられるということがわかっています。

 

HMBの摂取量や効果的な飲み方を知りたい場合はこちら

HMBの最も効果的な飲み方とは?飲むタイミングや摂取量は?1回に何粒?

HMBに副作用は危険性はあるの?

厚生労働省の発表によると、1日3gのHMBの摂取は副作用を起こすことなく、筋肉量を増やすことができると認められています。

食事摂取基準策定検討会の資料

 

摂取量さえ守れば副作用は起こりえないと考えていいでしょう。

最もお勧めできるHMBサプリメントは?

HMBサプリメント選びで迷ったら医食同源HMBタブレットを選んでおけば間違いありません。

 

医食同源のHMBタブレットのいいところはコスパがよすぎるところと定期購入縛りがないところです。

HMBタブレット

HMBタブレット

 

HMB配合量は1日分1500mgとしっかり配合されているにも関わらず、他社HMBと値段を比較してもものすごく安いんです。

 

値段の安さではHMB業界断トツ1位ですからね。

 

医食同源HMBタブレットは初回価格は他社HMBよりも高いのですが、2か月目以降の価格は他HMBの半額以下なのです。

 

そのうえ、ほとんどのHMBには最低4回の定期購入縛りがあるので結局2万円~3万円はかかります。

 

しかし、医食同源HMBタブレット定期購入縛りがないうえに1回あたりの購入額が安いのです。

またHMBサプリの中でも特に珍しいのが味付けがされていること。

 

9割のHMBサプリには味付けがされていません。

 

その点、医食同源HMBタブレットはオレンジ味で非常に飲みやすく水なしでも噛んで食べられるほどおいしいんです。

 

サプリで一番大事なことは続けることですからね。

 

HMBタブレット

HMBタブレット

 

味がおいしいと本当に続けやすいので僕自身重宝しています。

 

おかげで減量期の筋肉の分解をきっちり防げています。

 

総合的な満足度と圧倒的なコスパの良さを重視したい方にはお勧めできます。

 

HMBおすすめサプリランキングと正しい選び方が知りたい方はこちら

HMBおすすめサプリランキング&後悔しない選び方

まとめ

・HMBとはたんぱく質から生まれるロイシンの代謝物のこと

・普通の食事でHMBを摂取するには大量のロイシンが必要になる

・だからこそHMBはサプリメントで摂取するのが一番効率がいい

・医学的に証明されているHMBの効果効能は筋肥大効果と筋肉の分解を抑える効果

・厚生労働省によるとHMBの副作用や危険性は推奨摂取量を守っていれば起こりえない

 

HMBの効果、口コミはこちら

HMBサプリは効果なし?嘘?口コミサイトやブログから真実を解説



-HMBとは

Copyright© HMB研究所 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.